少年サッカーのお父さんコーチ!子供の夢を全力でサポート

少年サッカーのお父さんコーチ!子供の夢を全力でサポート

少年サッカーのお父さんコーチ!子供の夢を全力でサポート

自動車部品メーカーで正社員として勤務しています。
現在も尚、夢中になっていることは、スポーツ少年団で小学生を対象としたサッカーの指導者や審判としての活動です。
きっかけは、長男が小学校へ入学と同時に同スポーツ少年団に入団したことでした。

 

 

妻は長男がサッカーを始めることに消極的で、試合や練習での当番などに参加することはなく、当番は専ら私の仕事となっていました。

 

 

 

当番として1日グランドで子供たちの活動に付き添っている内に、チーム所属のコーチから、「毎回グランドに来ていらっしゃるなら、まだお若いし、一緒にお手伝いしてくれたら助かるのですが」とお誘い頂いたのです。

 

 

 

週末に特別予定が詰まっている訳でもなく、翌週から長男と共に、トレーニングウェアを着てグランドに向かう自分がいました。所謂「お父さんコーチ」の誕生です。

 

 

 

それからは、毎週毎週、週末の土日は子供たちとサッカーの練習や試合を楽しむことに没頭するようになりました。

 

 

 

選手としてのサッカー経験はありませんでしたが、プレーの指導については主に主任コーチにお任せし、子供たちと一緒に成長してきた感じです。

 

 

同じ年の秋には、サッカー4級審判の資格も取得し審判服も揃えて、審判としての活動も始まりました。少年サッカーでは、お父さんコーチが審判もすることが多いのです。

 

 

 

低学年の頃は、大勢でボールを取り合う、グチャグチャとした「お団子サッカー」でしたが、学年が上がる毎に徐々にサッカーらしくなっていくことや、何をするにしてもお母さん方に手伝ってもらわなければ出来なかったことが、子供たちが声を掛け合って進められるようになる姿を見ては、逞しく成長していることに嬉しくなりました。

 

 

 

チームの子供たちには、皆我が子のように接していたつもりです。

 

 

 

 

逆に自分の長男に対して、活動中にあまり声を掛けたりはしませんでした。それは、他のお父さんコーチの役目であって、互いに互いの子供を誉めたり、叱ったりするようにしていたのです。

 

 

 

お父さんコーチの楽しみは、昼間のサッカーの活動だけでなく、2〜3ヶ月おきの夜の飲み会も非常に盛り上がるものでした。

 

 

 

 

サッカーのこと、子供たちのことをツマミに飲むお酒は、美味しく時間が経つのを忘れさせてくれ、午前様の帰宅が当たり前のようになっていました。

 

 

 

お父さんコーチの関係は、大人になってから仕事以外に出来た友人のような関係で、その関係を断ち切る気持ちにはなれず、子供たちが卒団してからも、そのままチームに残り、自分達の子供が居ない環境で、指導者として審判として、関わり続けています。

 

 

 

勿論、妻からは不評を買っています。「自分の子供も居ないのに」と。けれどこの楽しみは、私にとってライフワークとなっていると言って過言ではないのです。もう暫く夢中でいさせてもらいたいとおもっています。

ホーム RSS購読